パシュミナ専門  印度丸
 パシュミナショール&ストール 
手刺繍ショールとジャマワール
 

 ホーム   初めての方へ    特定商取引法   メール   運営者情報 



パシュミナ  
ショール&ストール


パシュミナとは

パシュミナ(Pashmina)とはインドのカシミール州ラダック地方にある標高五千メートル以上の山岳地帯に生息するパシュミナ種のヒマラヤヤギ(英語名Pashmina Goat)です。パシュミナの毛(右写真)はカシミール州特産のストールとショールの素材として用いられます。パシュミナの毛は繊細で暖かく柔軟性に優れているために非常に高値で取り引され、ラダックの牧童達の重要な収入源となっています。

商人達によって買い取られたパシュミナの毛はカシミール地方シュリーナガル市に運ばれ、カシミヤストールとショールの貴重な原毛として重宝されます。しかし、全てのパシュミナがカシミール地方で織られるわけではありません。一部のパシュミナの毛はラダックの毛織物業者に購入されて地元の伝統技術によってショールとして織られます。  このように一口にパシュミナ製ショールと言っても、カシミール製とラダック製の2つのショールがあるのです。


パシュミナ製カシミヤストールとショール 

 パシュミナ ストール

オフホワイトのパシュミナストール
カシミール・シュリーナガル市にて
 カシミール地方ではパシュミナヤギの毛から特産品であるパシュミナ(カシミヤストールとショール)が織られています。このパシュミナの製作は糸車で糸を紡ぐ段階から機織りまで全て手作業で行われます。カシミールでは昔から糸を紡ぐのは女性、そして機織りは男の仕事と伝統的に決められています。

パシュミナ生地の原色はオフホワイトとナチュラル(ベージュ系の濃い色)です。これはパシュミナの原料であるパシュミナヤギの毛の原色です。一般的にオフホワイトの毛が希少価値があると言われていますが、実は両方の毛の価値は全く同じです。 標準的なパシュミナショール(ストール大判サイズ)のサイズは縦2メートル10センチ、横1メートルです。ただし例外的に少しだけサイズが小さかったり、または薄くて軽いショールもあります。また、最近ではストール(上下写真)も多く織られるようになりました。標準的なストールのサイズは縦2メートル、幅68~72センチです。

パシュミナ ストール ナチュラル オフホワイトとベージュのストール
色の違いでストールの価値は変わらない
パシュミナ ベージュのストール
色は個体差によって若干異なる
 

印度丸おすすめのカシミール製高級パシュミナストール

パシュミナほとんどの生地の柄は無地かダイヤモンド柄です。ダイヤモンド柄の生地は無地よりも若干重く、製作にも時間がかかります。地元の業者達はこのダイヤモンド柄を“ナイチンゲール鳥の目”と呼んでいます。インドの伝統的な考えでは、ナイチンゲール鳥は恋する男性の象徴だとされています。デザインの名前一つにしてもなんとも詩的ですよね。

染色は専門の染付師によって行われます。染付師はショールやストールを熱湯の入った釜にいれて様々な色粉を溶かしながら調合します。ピンク、パープル、グリーン、ブラック(黒)、レッド(赤)などの基本色はもちろん、ロイヤルブルーやミントグリーンなどの微妙な色まで自由自在に出します。最近ではストライプとチェック柄のストールも製作されています。当店ではご注文時に染色のサービスも承っております。

ジャマワールストールカシミールではカシミヤ刺繍ストールとショールも製作されています。ただ、カシミヤでは刺繍はショールに行われることが多いです。生地全体に埋まるように刺繍がされたジャマワールストールとショールは特に世界中のセレブ達に愛用されています(左写真)。

なお、2016年現在、パシュミナの機械織りは一切行われておりません。日本では一般的に機械織りのいわゆるパシュミナシルクストールというものも出回っておりますが、本場のカシミールではシルクと本物のパシュミナの原毛を使ったミックスストールは製造されておりません(かつて製造されていましたが現在は製造されていません)。現在、日本国内で流通しているパシュミナシルクストールは、ほぼ全てが羊毛(ウール)とシルクのミックスか、もしくは100%合成繊維製のストールです。

(ご注意)印度丸ではインド・カシミールで本物のパシュミナ(Pashmina)として認知されているパシュミナのみをパシュミナ(カシミヤ)と呼んでおります。日本で一般的に流通しているパシュミナシルクストールは一切お取り扱いしておりません。


当店のパシュミナストールについての詳細は“印度丸の高級パシュミナストール”をご覧ください。
ストールとショールの染色サービスのご案内

店主とパシュミナの出会いについてーインド・パシュミナの旅ー

 
本物のパシュミナの主な4つの特徴

パシュミナの本物と偽物の見分け方を極めるためには本物のパシュミナの4つの特徴を知ることが重要です。それら特徴は以下となります。

①黒毛
オフホワイトの生地だけではなくてナチュラルの生地にも太い黒毛が混在しています。元々のパシュミナの毛の原料には黒毛が含まれています。織り機で織る中で職人の手によってほとんどが抜かれますが、それでもいくつかは完成品の中に残ります。毛には縮れて短いものもあれば、まっすぐで長い物もあります。また、精巧な偽物には意図的に黒毛が混入されていることもあります。そのため、これがあることで必ずしもパシュミナだと断定することはできません。ただ、もしこれがないと確実にピュアパシュミナではありません。


パシュミナ 特徴
オフホワイトの生地。
所々に黒い毛が混在している。

パシュミナ 
ベージュの生地。 
この写真では黒い毛がはっきりと見て取れる。


②柔らかさ
これは説明が難しいのですが、パシュミナの生地は厚みがあるわりには、ふわっとした特殊な柔らかさを持っています。これは羊や他の動物の毛で織られた生地では決して得られない肌触りと手触りです。ただしよく勘違いされていますが、標準的なサイズのパシュミナショールとストールは指輪の中を通るほど原毛が微細ではありません。リングの中を通るのはシャトーシュ(Shahtoosh)と言われるチベットレイヨウのショールです。
(ご注意)現在、シャトーシュはワシントン条約により製造禁止・禁輸扱いとされています。当店では一切お取り扱いしておりません。


③インド・カシミール州製であること
これは生地の特徴ではないのですが、本物かどうかを見極めるために非常に重要なポイントです。このページの最初に書きましたようにパシュミナ山羊はカシミール州ラダックの山岳地帯に放牧されています。そしてパシュミナのストールとショールはカシミール州ラダック地方とカシミール地方でしか織られていないのです。つまり、たとえインド国内であっても、これ以外の地では一切製造されていません。日本ではネパール製と中国製のパシュミナストールというものも非常に多く出回っていますが、これらには一切パシュミナの原毛は含まれていません。

④手織り

パシュミナは全て手織りです。機械織りは一切存在しません。機械織りに比べて生地にやや厚みがあります。また、本来、パシュミナヤギの原毛はヤギの体全体から刈られています。一部の業者は山羊の首やひげの微細な毛だけを使っていると主張しておりますが、そのような事実はございません。

 
パシュミナ ストール 大判
ショールとストールは手織り機で5枚分のものが
まとめて織られる。
写真は10メートルのオフホワイトパシュミナの元生地
 パシュミナ 本物
普通は出荷後に1枚づつ切られる。


複数枚に切り取られたオフホワイトストール


パシュミナ ショールここまで4つの特徴を大まかに書きましたが、最近ではインドの高級ショッピングモールの店舗や物産展などではオーストラリア産メリノウール100%を原料としたパシュミナと全く同じ織り方で織られたたストールとショールがパシュミナだという名称で値段で販売されています(左写真)。本物とこのメリノウール製の違いは生地目の異なり、そして肌触りです。こういった製品を見るたびに、私は、カシミールの信用ある老舗の製造・卸し業者から購入しない限り、一般の外国人旅行者や業者が本物のパシュミナを入手するのは難しいのではないかといつも考えさせられます。ですから、皆さんも日本でパシュミナを購入なされる時には店舗がカシミールのどのような業者から仕入れているのか先ずご確認されてから購入を決めてください。
 


印度丸のパシュミナストールとショール 
パシュミナの印度丸は純パシュミナをお取り扱いしています。
当店ではウール製、シルク製と合成繊維製の商品は一切扱っておりません。
印度丸では上記の全ての特徴を備えたカシミール州ラダック地方のパシュミナ種のヒマラヤヤギの原毛から手織りされた正真正銘本物のパシュミナストールとショールのみをお取り扱いしております。当店はカシミールの特定の老舗の製造、卸し業者からのみパシュミナを仕入れております。

印度丸の最高級パシュミナは日常のあらゆるシーンにて皆様の大切なパートナーになります。
 
 フォーマルな正装とともに、エアコンの冷風対策に

結婚式やパーティーなど
結婚式、披露宴、成人式、パーティーなどフォーマルな場でも高級感のあふれたカシミール製パシュミナ(カシミヤ)は貴女自身の気品をさらに高めます。パシュミナは着物・和装との相性も抜群です。もちろんドレスやスーツ、コートのうえから羽織ることにより最高のファッションコーディネートを堪能することも出来ます。本物のパシュミナは時代、トレンド、そしてブランドを超越した一生もののストールです。決して流行遅れなどにはなりません。

 パシュミナ 
オフホワイトストール
(ダイヤモンド柄)

パシュミナは一年を通してお使えになります。

また、カシミールの標高5千メートル以上の高地で育ったパシュミナの毛は柔らかく、保温性に大変優れており、夏のクーラーの人工的な冷風からも首回りと肩を包み込みます。軽くてまといやすいサイズのストールはお体にご負担をほとんど感じません。ひざ掛けの用途でも使えます。パシュミナ製カシミヤストールは春秋冬などの肌寒い時期だけではなくて、一年中を通してあらゆる季節に対応しています。

パシュミナはお洒落だけではなくて貴女自身の実用的な用途でも十分にお使い頂けます。フォーマルとカジュアルの両方の場で羽織ることができ、ご自由なスタイルと使い方、巻き方と結び方でコーディネートは極めてご自由です。


 大切な方へのプレゼントだからこそパシュミナを
 

パシュミナはあなたの大切な方との一生に一度の思い出作りのために大きな役割を果たします。お誕生日や結婚記念日、クリスマスなどのプレゼントとしてもぴったりです。
また、母の日やお世話になった方への贈り物としてもよいでしょう。
印度丸のお取り扱いする最高級カシミヤストールはあらゆるシーンであなたの気持をしっかりとあなたの大切な方に伝えるための必須のアイテムになるといえるでしょう。

 
 印度丸の特別サービスについて

桐箱(きりばこ)でお届け
印度丸ではストール、もしくはショールをそれぞれのサイズにぴったりの桐箱にいれてからお客様にお届けしております。そのため、ご自身がパシュミナをご自宅で大切に保管できますことはもちろんのこと、そのまま贈り物としてもお使いできます。桐箱にしっかりと包装した状態で発送いたします。
式典や職場での実用的な目的のため、貴方自身のおしゃれや個性を引き出すため、または大切な方への贈り物の究極の選び方として、印度丸はカシミール製ピュアパシュミナストール、またはショールをおすすめいたします。

 

 

パシュミナストール
(ベージュ、ダイヤモンド柄)

 オフホワイト、ダイヤモンド柄の写真を見る

商品情報   

 
商品名
 
パシュミナストール
 (ベージュ)
 
サイズ
 
縦2メートル×横70センチ
 
重さ
 
約100グラム
 
色や柄
 
オフホワイト、ベージュ
   ダイヤモンド柄
(菱柄織り)
 値段  
4万5千円
(輸入代行手数料込み)


 ストールの染色サービスのご案内

 お問い合わせ・ご依頼のメール 



3つのパシュミナショールご紹介(写真を左クリック)




GALLERY

パシュミナギャラリー(写真を左クリック) 



当店はインドからの個人輸入代行により本物のパシュミナショールを適正価格にてお客様にお届け致します。パシュミナの個人輸入代行に関しましてはこちらをご覧ください。 



 業務内容等
 パシュミナの価格と諸費手数料について

 ご契約の流れ

 お問い合わせ・ご注文のメール

 トップページへ戻る 
 


印度丸 全目次 

 業務内容等
初めての方へ  

価格と諸費手数料

ご契約の流れ

サイトポリシー

特定商取引法の表示

運営者情報

業者様へ

ご注文・問い合わせ

その他サービス
インドでの通訳

インド諸言語翻訳

タブラとバヤン


インド現地でのパシュミナ販売
 パシュミナ解説
パシュミナとは?

パシュミナストール

手刺繍パシュミナ

ジャマワール(総刺繍)

 
ギャラリー
刺繍パシュミナの優美

ジャマワールの世界


メンズパシュミナ
パシュミナ・マフラー

メンズストール

メンズショール マハラージャ

 パシュミナ雑記帳
女性へのプレゼント

エアコン冷風対策

メンテナンス

シルクパシュミナ

結婚式披露宴に


賀寿のお祝いに

パシュミナの巻き方

染色サービス


その他
パシュミナ用語

解説目次

リンク集

ENGLISH(英語版)


 COPY RIGHT(C) 2011 パシュミナ専門 印度丸  All rights reserved

PASHMINA JAMAWAR COLLECTION

パシュミナ特集
オフホワイト1 オフホワイト2 ナチュラルストール 染色